千葉県の葬儀でよく選ばれることが多い形式は大きく分けて4種類あるといいます。直葬、一日葬、一般葬、そして家族葬です。この4種類の形式は千葉県の葬儀会社でも選ばれることが多く、また千葉県以外の都道府県でも選ばれることが多いといいます。直葬は、亡くなってからすぐに火葬場へご遺体を搬送し、火葬をしてしまいます。そのうえで後日改めて葬儀を行うという形式で、社葬を執り行うという場合や、家が遠方にあるというときに選ばれることが多いです。一日葬は亡くなってからすぐに葬儀を行うことができないときなどに間をあけて執り行う葬儀の形式のことです。一日で葬儀を終わらせてしまうことになるので、ワンデーセレモニーとも呼ばれています。一般葬は昔からよく執り行われてきた形式なので、参列したことがある人がもっとも多い形式です。

故人をゆっくりと見送る時間を持つことができる

家族葬は亡くなった故人の家族、親族、ごく親しい人などの少人数で執り行う形式の葬儀です。参列者が多くないのでゆっくりと故人を見送ることができるというのが特徴です。ご遺族が参列者の方たちに気を使う必要もないので、最近は大都市などで選ばれることが増えてきているといいます。家族だけでゆっくりと故人の思い出話などをする時間を持つこともできますし、忙しなく参列者に食事を用意したり、お礼状を送ったりする必要もないので、遺族の気持ちも少し楽になることができるのがいいという理由で選ばれることもあります。遺族の希望で選ばれることもありますが、生前に故人の希望でこの形式の葬儀を執り行う場合もあります。この形式で行うことで、葬儀の費用を抑えることができるという風に考えて希望することもあるといいます。

気をつけておくといい注意点がある

家族葬で気をつけなければいけない注意点があります。限られた人数でのお見送りになりますので、葬儀の後に亡くなったことを知った方からの弔問を受けて、遺族がその対応に追われることになる、という場合もあります。なので、あらかじめお呼びしない方の名簿を整理しておくようにするといいです。葬儀の後に家族のみで葬儀を執り行ったことを書いたお知らせのハガキを郵送するようにしておきます。このハガキはとても大切なものです。また、親戚へもこの形式で葬儀を行いたいという希望を伝えておくようにします。それから、ご近所や会社関係の方などにもお香典や供物などは辞退するということもあらかじめ伝えておくようにするといいです。もしお香典をいただいてしまったときは香典返しという形ではなく、御礼として葬儀がすんだ後に何か送るようにしておきます。

当社はお急ぎの方に対しても安心して頂ける24時間対応をご用意しております。 家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。お問合せ:0120-23-4444(無料) こちらから24時間365日緊急対応も行っております。 実際に当社をご利用くださったお客様からの声を掲載させて頂いております。 当社は皆様が求める様々なオプションをご用意させて頂いております。 家族葬を千葉でするなら昭和セレモニー!