千葉で葬儀を行うのであれば、人気の高い家族葬がおすすめです。昔ながらの大規模な葬儀とは違い、家族だけのごく近い身内が集まって行われる葬儀のスタイルで、アットホームな雰囲気で行えるのが評判となっています。このタイプの葬儀で圧倒的に人気がある葬儀場は、コンパクトな空間です。昔ながらの大規模な葬儀だと、大人数に耐えられるほどの広さを誇る式場が必要になりますが、身内だけが集まる葬儀ですから大きな式場は不要です。大体20人以下でおさまる程度のサイズで十分だといえるでしょう。面積が狭ければ、それだけ費用の負担を抑えられるのがメリットです。広さの違いだけでなく、葬儀場の人気の基準は他にも存在しますので、いざという時のためにも知識として覚えておきましょう。

料金の安さが圧倒的な公営斎場が人気

家族葬向けの葬儀場は千葉にたくさん存在するものの、最も人気が高いのが公営斎場です。公営斎場とは、自治体が運営する葬儀場のことで、民間業者や寺院が運営する民間斎場とは区別されます。公営斎場の人気の理由は圧倒的な料金の安さです。民間に比べて半分程度、もしくはそれ以下の料金で利用できることが少なくありません。料金が安くなるのは亡くなった人の住民票がその地域に存在するケースです。住民票があると市民料金で公営斎場を利用できるようになり、割引の特典が受けられます。公営の火葬場の利用についても同様です。火葬場と併設されているタイプが大半ですから、移動が楽になる、マイクロバスを使った移動を減らして費用を節約できるなどのメリットを多く持っているのが特徴です。

人気の公営斎場の利用方法は難しくない

人気の公営斎場を利用する方法はわりと簡単です。千葉周辺でサービスを提供する葬儀社に依頼すれば、ほとんどのケースで公営斎場を利用できるからです。セット料金に含まれており、葬儀場の予約手続きを葬儀社が代行してくれますから、任せておくだけで簡単に利用可能になります。多くの葬儀社で家族葬を取り扱っています。標準的なセットであれば、公営斎場の利用料金が含まれていますから、面倒な計算をしなくて済みます。最近の人気はインターネットで営業を行っているタイプの葬儀社で、無駄なものを省いて非常にリーズナブルな料金でサービスを提供しているのが特徴です。50万円以下の格安料金で葬儀場込みのセットプランを利用できるところが見受けられるほどです。追加料金が発生するものの、希望とあれば民間斎場を選ぶことも可能です。