首都圏で急増している家族葬。千葉県でも、年々家族葬を選ぶ人が増えています。家族と親類のほかは、故人が親しくしていた友人のみといった、限られた参列者で執り行われる形式ですが、参列する人数や葬儀スタイルによって、費用がかなり変わってきます。葬儀スタイルそのものは、大抵の葬儀社において、大きく分けて3つのプランに分かれています。あらかじめそれらの種類の違いと概要を理解して、望む規模と費用を概ね決めておいてから葬儀場を探していくほうが、希望に合うところを見つけやすくなります。事前に調べておくのは縁起が悪いという考え方もありますが、万が一のとき判断ミスにより納得のいかない選択をしてしまい、後悔を残すようなことになっては、故人のためにもなりません。最適な選択をするために、それなりの準備は必要です。

参列人数と葬儀スタイルで変わる費用

多くの葬儀社が設定している家族葬のプランは、大きく分けて3つのタイプがあります。千葉エリアの葬儀場の多くが、参列する人数の違いのほかはこの3つのプランの違いで、葬儀費用にかなりの違いが出てきます。プランの違いとしては、まず家族と親類だけの参列ではあるものの、通常の葬儀と同じように数日かけて、お通夜と告別式を行うタイプがあります。祭壇の形式と、参列する人数によっては費用に差が出てきます。次が、近年人気の一日葬というプランです。お通夜をおこないませんので、普通は2日間ほどかける葬儀を、告別式のみを執り行うことで、その当日だけで済ませます。3つ目が、火葬式や直葬と呼ばれる、お通夜も告別式も行わないプランです。文字通り、火葬のみをおこなうことでもっとも費用がかからない葬儀となっています。

よりよい葬儀を執り行うために必要な準備

お通夜も行う通常の葬儀に近い形式、告別式のみの一日葬、火葬のみの火葬式という3つのプランは、千葉エリアの各葬儀社でもプランの内容そのものに大きな違いはありませんが、参列する人数とそれに伴うホールの規模などで、かかる費用には大きな差が出てきます。特に、お通夜も行うプランでは、選ぶホール大きさや祭壇の種類などで、葬儀社ごとに大きな幅があります。あらかじめ、参列人数をある程度把握しておくことが肝心です。そのうえで、各葬儀社のプランを比較していくほうが費用の心づもりがしやすくなります。自宅や病院から近いエリアかどうかや、遠方から来る親族のために交通アクセスが良い葬儀場かどうかも、選ぶうえで重要なポイントになります。いざというときに慌てないためにも、準備しておくことはやはり必要と言えます。