千葉県で葬儀を執り行うとき、遺族の方に選ばれやすい形式があります。それは、大きく分けると4種類になるのですが、これは千葉県以外でも同じで、この4種類がとてもスタンダードな葬儀の形式であるといえます。直葬、一日葬、一般葬、家族葬の4種類なのですが、このなかでも最近千葉県や東京などの大きな都市で選ばれることが増えてきたのが家族葬です。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へご遺体を搬送して火葬をして、後日改めて葬儀を行うという形式です。社葬を執り行うという場合などに選ばれることがあります。一日葬は葬儀を行うのは日が悪いときなどに少しだけ間をあけて執り行うときにこの形式が選ばれることが多いです。一日で葬儀までしっかりと行うので、ワンデーセレモニーといわれています。一般葬は昔ながらの最もオーソドックスな形式になります。

遺族が故人をゆっくりと思う時間がある

家族葬とは、その言葉通り家族や親族、ごく親しい人だけで執り行う葬儀の形式です。遺族が故人をゆっくりと見送ることができる時間を持つことができるので選ばれることが増えてきているといいます。一般葬とその流れは似ているのですが、その縮小版と考えるとわかりやすい形式です。この形式では少人数で行うことで、遺族が参列者をもてなすために気を使う必要もないというのもいいです。また、家族や親族、ごく親しい人だけで葬儀を行うので、忙しなく行動することもなく、故人の思い出話などもすることができるように時間をとることができるので、選ばれていることも多いといいます。一般葬ではなかなか遺族が故人を静かに思う時間をとることができないので、最近は特にこの形式の葬儀を行うことを考える人が増えてきています。

葬儀費用は大体50万円前後になる

一般葬に比べると、その葬儀費用を抑えることができるということで選ばれることもあります。もちろん、遺族や生前の故人の希望によるところも大きいのですが、葬儀にかける予算があまりないというときにも選ばれることがあるといいます。葬儀費用は大体30万円から50万円ほどになることが多いです。遺族の希望によっては大体50万円前後になる場合もあります。この形式は自由にすることができるので、遺族が希望する形にすることが可能です。なので、遺族の希望をかなえるためには葬儀費用が少し高くなってしまう場合もあります。そのようなときは、葬儀会社の経験豊富なスタッフに相談してみるといいです。この形式はお香典をもらうことがないので、葬儀費用は自己負担ということも考えて、足が出ないように葬儀を行う人も多いです。